ブラジルナッツショコラ

Noix du Brésil chocolat

野生のブラジルナッツが届いた時
そのつるんとした大きな果実に驚いた
生のまま口にすると
マカダミアナッツのような食感だったので
油脂が多いんだなと思ったと同時に
どちらかというと無個性な味で、
期待外れかと、少し焦った。
この素材の魅力は何だろう
戦いはいつもそこから始まる。

油脂の多いナッツは
その「モロモロ」とした食感が魅力で、
大好きだけど
何気なくローストしてしまって
後悔した経験が何度かあった。
では思い切って炭化させたらどうだろう
油脂が多いことで強くローストしてあげると
「サクサク」とした食感に変わる。
香りも野生の珈琲を思わせた
炭化の食感と香りが面白くて気に入った。
そうして出来たのが
カカオのコースの中で登場した
ほろ苦いがテーマのあのショコラプリンだ。

アマゾンでは山火事が度々起こるという
炭化は自然の中で起こって来たことで
そして野生の動物達は
生の木の実よりも
何故かローストされたものの方を好むらしい。
グルメな奴らだと、
アマゾンに詳しいシェフに伺い、
カカオと自然の話に花を咲かせたことがある。
彼は自身のお庭に集まってくる
野生の動物達を観察していたりもする。

だからこの味にたどり着くのは
生き物の本能なのかもしれない

ほろ苦く
炭化の一歩手前までローストした
ブラジルナッツに
ミルクチョコレートを絡め
最後に和三盆をまぶしたお菓子

これを口にしながら
まだ未知のアマゾンの風景を思い浮かべるのが
私は最高に楽しい。

商品カテゴリー: ,

¥7560

*内容量:120g程度

*消費期限: 1ヶ月

*4月中は店頭のみの販売になります